コリンチャンスに日系人?!
0
     久々のブログの更新となりました。ネタ不足でして f(^^;

     先のサンパウロ州選手権の アメリカ×コリンチャンス 戦で、コリンチャンスに「ハファエウ・アカイ」という名前の選手が出場しておりました。彼の登録名の"アカイ"は日本語の"赤い"だそうです。

     この"赤い"の由来は、サンパウロ州にある"アカイサクラ (赤い桜) "という日本語名のフットボールクラブの"アカイ"なのです。アカイサクラに所属していた経緯があり、かつ現在所属するコリンチャンスにハファエウ・モウラという別のハファエウがいるため、モウラと区別するために"アカイ"が付けられたそうです。
     アカイと聞いて、「日系人??」と一瞬思ったのですが、彼は生粋のブラジル人のようなので、違いました。

     登録名が短かったりあだ名が多く適用されるブラジルサッカー界ではこの手の話は珍しくないですよね。
     現在リヨンで活躍しているMFジュニーニョ・ペルナンブカーノも、それにあたりますね。2000年当時の所属先だったバスコ・ダ・ガマで、チームメイトのMFジュニーニョ・パウリスタ ( 元ブラジル代表 ) と区別するために、出身地名のペルナンブカーノ ( ペルナンブッコ州出身という意味 ) がつきましたからね。

     そういえば、先日フジテレビのすぽるとでジュニーニョ・ペルナンブカーノにスポットを当てた映像が流れておりましたが、「ペルナンブカーノ」と言いにくいのか、ナレーションが「ペルンブカーノ」になってました…。
     どの地上波よりも海外サッカーに力を入れているフジテレビさんが、「ペルンブカーノ」という言い間違いはちょっと…ね (苦笑
    ハファエウ・アカイ
    ------------------------------
    ▼ハファエウ・アカイ
    1986年1月17日生まれ。サンパウロ州プリュデンチ出身。184cm。本名ハファエウ・ジ・ソウザ・ベルガマスコ
    サンパウロ州の日本人フットボールクラブ「アカイサクラ ( 赤い桜 ) 」でプレイしていた過去から、アカイという単語が登録名に使用された。
    コリンチャンスでの1軍デビューは2006年3月19日。
    ------------------------------


    http://www.cartaoamarelo.com
    | Cartao Amarelo | ブラジル | 12:04 | comments(2) | trackbacks(1) | - |
    ブラジル代表の新4バック構想
    0
      ワールドカップの開幕まで90日?を切りましたね。
      ドイツ大会が楽しみです♪

      さてさて、ブラジル代表ですが
      豪華すぎる攻撃陣とは対照的に不安を残す守備陣。
      カフー、ホッキ・ジュニオール、ルッシオ、ホベルト・カルロスの
      4人が有力候補ですけど、
      私的には、ベンフィカのバック陣を使えないのかな?と思うわけです。

      先のチャンピオンズリーグ、対リバプール戦でみせた
      ベンフィカの4バックは、なかなかイケてたと思います。

      左サイドで攻守に積極的だったDFレオ ( 元サントス ) はもちろん、MSIに追い出された元コリンチャンスのDFアンデルソン、そして3年前にクルゼイロ優勝に一役買ったDFルイゾン。この3人が揃ったベンフィカの守備陣はよかったと思いました。

      ですので、これにシシーニョを加えて
      シシーニョ、アンデルソン、ルイゾン、レオ というブラジル代表の新しい4バックを試してみるのも、よいのではないでしょうか。
      もちろん、ルッシオやホベルト・カルロスも良い選手ですよ。でも…ね。セレソンにも世代交代は必要ですよね?(笑
      | Cartao Amarelo | ブラジル | 02:59 | comments(1) | trackbacks(1) | - |
      コリンチャンスの前線事情
      0
         MSI の巨額資金ですっかり変わったコリンチャンス。同社が入る前の2004年のとき、2トップは確かジョ&ジウの若手コンビでしたね。今思うと、だいぶ昔のことのようです。

         今のコリンチャンスのFW陣といえば、それはそれは豪華になりましたよね。テベス ( 元ボカ ) &ニウマール ( 元リヨン ) を中心に、元FCポルトのカルロス・アウベルト、さらには若手のハファエウ・モウラという選手も台頭してきています。ルシェンブルゴの率いているどこかのクラブと比べると、層が厚いですね。

         そんなコリンチャンスですが、インテルナシオナウのハファエウ・ソービスまで獲得しようとしていますが…、宝の持ち腐れになりそうな気がしてなりません。
         ハファエウ・ソービスはいっそ欧州に行ったほうがいいと思うんですけどね。MSIもちょっと選手をあさりすぎでつ☆
        | Cartao Amarelo | ブラジル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        お祭り大好きエジウソン
        0
           先日バスコ・ダ・ガマへの加入が発表されたばかりのFWエジウソンのお話。昔、柏レイソルにいたこともありましたので、レイソルファンを筆頭にJリーグをご覧になられていた方ならご存知の選手だと思います。

           エジウソンが移籍するバスコ・ダ・ガマには、現在FWホマーリオ ( 元ブラジル代表 ) も所属するクラブで、もしかするとホマーリオとエジウソンの2トップも実現するかも?ってなあたりも注目されるところです。

           が! 非常に陽気なラテン気質溢れるエジウソンは、大のお祭り好きとして有名です(写真でも満面の笑み♪) なんと、バスコへの加入をカーニバル以降に延期すると決めたんだそうな。
           つい最近まで所属していたビットーリアの本拠地バイーア州の州都サルバードルで行われる「サルバードルのカーニバル」を堪能してから、リオ・デ・ジャネイロに向かうそうです。

           ブラジルでカーニバルと言えば、「リオのカーニバル」が有名かつ大規模です。バスコ・ダ・ガマもリオ・デ・ジャネイロにありますし、エジウソンもどうせならこっちのカーニバルに行けばいいのに…なーんて思ったりもするのですが、ま、そのへんは個人の自由ですよね f(^^;
          | Cartao Amarelo | ブラジル | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ペレの背番号を身につけ、5年前のコンフェデ杯にも出場した男の今
          0
             韓日ワールドカップを翌年に控えた5年前の2001年。FIFAコンフェデレーションズ・カップという大会が開かれましたね。たしか、第1回目の大会だったと思います。

             まぁ日本代表はともかくとして、フランスやブラジルなどの強豪国はこの大会に意義を見出せず、主力クラスが出場しなかったことも覚えています。
             そういえば、この大会でのブラジル代表は、普段では見られない顔ぶれでしたよね。ヒバウドもホナウドもカフーも不参加で、当時若手だったMFファービオ・ホッシェンバッキ ( 現ミドルズブラ ) などが出場していたわけで。そのときセレソンの10番をつけていたのが背中に ROBERT と表記されたホベルチという選手でした。
             当時、私と友人との間では「ホベルチって誰やねん(笑)全然知らん」などといった会話があったのですが、当時も今もホベルチってさほど有名ではありませんよね。
             あのときのセレソンは「二軍」とか「三軍」とか揶揄されてましたけど、とにかくセレソンの10番をつけて国際大会に出た選手なのですから、ホベルチの能力は世間の評価以上に高いのかもしれません。

             そのホベルチが今プレイしているのは、リオ・デ・ジャネイロ州のアメリカRJ。アメリカRJは、元ブラジル代表で元鹿島アントラーズのジョルジーニョ氏を監督に据えているクラブです。ジョルジーニョの信頼を得ているホベルチはFWとして先発しており、先の州選手権前期グアナバーラ杯決勝でもゴールを決めておりました。

             写真を見てホベルチがわかる方なら、5年前のコンフェデレーションズカップのことも少し思い出せるかもしれません。
            | Cartao Amarelo | ブラジル | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            テベス、シノラーに変身??!
            0

               2006年のサンパウロ州選手権。来たるサントスとのクラシコを控えたコリンチャンスですが、この試合で先発出場するとみられているFWカルロス・テベスが、髪型を一新させました。おニューの髪型で打倒サントスを狙っているそうですが…。

               私がこのブログを始めたときの最初のネタがテベスの髪型に関することだったのですが(2005年5月ごろでしたっけ?)、今回の彼の髪型は、それをしのぐ変貌ぶりですね。驚きます。

               これ…何でしょう。。。シノラー(死語)ですか?( ̄∇ ̄;)/
               ぷりぷりぃ〜☆ しのはらでしゅ〜☆☆ (失礼 o(_ _;)o)

               髪型はともかくとして、とにかく良い結果を出してくれることを期待しています。
              メッシに負けず劣らず、テベスに期待する声も多いですものね。
              | Cartao Amarelo | ブラジル | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              コリンチャンスの攻撃陣は、バルセロナよりも魅力的?
              0
                 2006年も明けてまだ2ヶ月目ですが、強豪クラブの今年の攻撃力を数字だけで比較してみるという記事を、ブラジルの某サイトが公表しておりました。

                得点 / 消化試合数 = 1試合平均 で計算すると…
                    リヨン: 10 / 6 ≒ 1.66
                  チェルシー: 7 / 4 = 1.75
                    ミラン: 14 / 7 = 2.00
                  バルセロナ: 10 / 5 = 2.00
                コリンチャンス: 21 / 7 = 3.00

                というわけで、コリンチャンスの攻撃力が今季最強を誇る とかなんとか結論づけていました。
                そして、これを知ったコリンチャーノは喜んでいるそうです。

                ふっ ( ̄∀ ̄)y-゚゚゚  何を言うとんねん (`д´)/

                 テベスとニウマールの2トップは確かに魅力的です。前者は欧州でも第一線で活躍できる素質をもってますし、後者は現にリヨンで活躍していましたし、チャンピオンズリーグでも点を決めてましたからね。
                 ですが、プレミアやリーガ、セリエAなどの全国リーグと、ブラジルの一部の地域であるサンパウロ州選手権とを比較することがお門違いですね。リーグのレベルが違います。 ですので、この比較は正しくないと私は感じております。

                 んで、コリンチャンスのアントーニオ・ロペス監督も「我々の数値は例外的な平均だが、比較の基準がおかしい。欧州の強豪はこのような比較など肯定するはずもない」と、冷静に分析しているそうです。

                 まぁ、目の肥えた人なら気にも留めないということですね。子供だましのようなガセネタでした。失礼☆
                | Cartao Amarelo | ブラジル | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                ドゥンガの横にいたMVP男の息子は、どこのファン??
                0
                   FWホマーリオは、40歳の今も現役で活躍中。1994年のワールドカップでは"FIFAワールドカップトロフィー"を掲げたMFドゥンガ ( 当時のブラジル代表キャプテン ) の横で大喜びし、大会MVPに選ばれたのは有名なところですね。

                   先の月曜日に行われたリオ・デ・ジャネイロ州選手権前期グアナバーラ杯の準決勝「アメリカRJ×カボフリエンセ」の試合。そこに、ホマーリオの親族が観戦に訪れていました。
                   ホマーリオの父エデバイルと、ホマーリオの息子ホマリーニョの2人です。この2人の関係は、おじいちゃんと孫ですね。

                   この試合でエデバイルは、孫のホマリーニョにアメリカRJのゲームシャツを着させたそうです。理由は、エデバイル自身が熱狂的なアメリカRJのサポーターだからです。もちろん、エデバイルもアメリカRJのゲームシャツを着ての観戦でした。

                   この試合はPK戦の末アメリカRJが勝ち、おじいちゃんのエデバイルは非常に満足したそうです。
                   ちなみに、ホマーリオは現在同州のバスコ・ダ・ガマに所属していますが、ホマーリオ自身は幼少時からフラメンゴのファンであるようです。
                   ところが、ホマリーニョのお気に入りは、クラブよりもむしろ父ホマーリオだそうです。…ということは、ホマーリオが移籍すればホマリーニョの好きなクラブも並行して移るのでしょうか?

                   結局のところ、ホマリーニョが試合観戦後におじいちゃんと喜びをわかちあったのかどうかは知りましぇん☆ ホマリーニョ本人に聞いてみたいところですねぇ。

                  ちなみに、昨年にも同じ対戦がありました。こちらをクリックしてくださいませ。
                  | Cartao Amarelo | ブラジル | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  背番号111、ブラジルサッカー界に現る。
                  0
                     リオ・デ・ジャネイロの名門で、ジーコ日本代表監督の古巣でもあるフラメンゴ。そこに加入したのが、元ブラジル代表で昨年は名古屋グランパスにも所属していたFWルイゾンです。

                     そのルイゾンのフラメンゴでの背番号が決まったとのことです。ニッカンスポーツのブラジル駐在特派員によりますと、ルイゾンの背番号は111。なんでも、フラメンゴの創立からの年数になぞらえているそうです。

                     毎年、目玉となる選手に創立○○○周年の数字を背番号として与える企画もあるらしく、創立111年にあたる今年は111。来年は112。その翌年、2008年の注目選手には113の背番号を与えるそうですわ。

                     むかーし、インテルナツィオナーレ・ミラノにいたFWニコラ・ベントーラが、1979年生まれにちなんで79を背番号にして以降、これを模倣するかのように生まれ年を背番号にする選手が増えましたよね。
                     今回のように、クラブの存続年数を背番号にされて選手は喜ぶのでしょうか。3ケタって目立ちますから、いいのかもしれませんけどねー。 
                    | Cartao Amarelo | ブラジル | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    「イラクよりも危険な街?」で愛を育む
                    0
                       リオ・デ・ジャネイロの名門フルミネンセ移籍の決断を前に、クラウジオ・ピッチブウは恋人にそれを報告。していた。そこで、彼女から一時的にフルミネンセ行きを拒まれていたらしい。

                       過去に当時のニューヨーク市長が「イラクよりも危険な場所」と揶揄する問題発言で議論を呼んだリオ・デ・ジャネイロは、華やかな大都会の片隅に追いやられたファベーラ ( 貧民街 ) の存在によって極端な貧富の差が生じている街と言われています。しかも、世界的な麻薬組織が根付いていることもあり、窃盗や強盗、殺人などが日常的に繰り広げられているとも言われています。ニューヨーク市長の発言はさておき、リオが危険という認識はブラジル国民の間でも有名な話であるようですね。

                       当然ながらクラウジオ・ピッチブウの恋人もまた、そんな「リオの悪い噂」をよく知る一人。彼女は「リオ・デ・ジャネイロで暮らすのは危険でしょ?やめたほうがよくない?」と言って、サンパウロ市内での居住を継続したい意向をピッチブウに伝えたそうです。
                       当時は、互いが独身で異なるところに住んでいたこともあって、彼女はリオ・デ・ジャネイロへの一人暮らしに不安を隠せなかったようです。

                       そんな彼女の気持ちを察しての行動かはわかりませんが、すでにフルミネンセ加入に意欲的だったクラウジオ・ピッチブウは、彼女の心配をものの見事に打ち消しました。「結婚」です。

                      「リオは危険かもしれないけど心配しないで。じゃあ一緒に住もうよ、ぼくが守ってあげるから」

                      きゃーーー o(≧∇≦)o 話を聞いたこっちが赤くなるお話でした★

                       とにかく、フルミネンセへの加入がきっかけで結婚したクラウジオ・ピッチブウのお話でした。クラウジオ・ピッチブウの活躍を見届けたいと思います。
                      | Cartao Amarelo | ブラジル | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |