アルゼンチン、W杯敗退…
0
     アルゼンチンが負けました。開催国ドイツ相手で完全にアウェイムードむんむんの中で試合をしなければならなかった点を差し引いても、GKアボンダンシエーリの負傷などがあって交代枠を有効に使い切れなかった感がありましたね。
     ですが、この試合で調子の良かったスタメンをいじってきたペッケルマンの采配にちょっと疑問でした。テベスやコロッチーニ、ルチョが悪いわけじゃないですけど、サビオラ、スカローニ、カンビアッソはメキシコ戦で良い働きをしてましたからね。
     それから、これは個人的な主観に過ぎないのですが、今大会を通じてアルゼンチンには「デミチェリスがいればなぁ、、」とか「サネッティが出ていれば…」と思わざるを得ない場面がところどころ見受けられたと思います。
     アルゼンチン、この敗退を受け入れられそうにないですね。う〜ん…。
    | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.cartaoamarelo.com/trackback/337179