ホナウド(ロナウド)、セレソンに召集されず
0
     どこの国でも、代表というものは、ときに不思議な編成になりますね。

     ブラジルでは、世界的に有名なFWホナウド(欧州や日本では“ロナウド”と呼ばれてます。ブラジルではデビュー当時の名残から今もなお「ホナウジーニョ」と呼びます。ちなみに、バルサのホナウジーニョは、ホナウジーニョ・ガウーショです。)が、コンフェデレーションズ・カップの代表召集に拒否を唱えたことから、なんと数日後のW杯南米予選にまで召集されないという事態が発生しました。

     CBFやパヘイラは、ホナウドが拒否しても「ホナウドが拒否しようと、代表にホナウドは必要な選手だから呼ぶ」と豪語しておりましたが、ホベルト・カルロスも話に加わり、ホナウドはリーグ戦で疲れた身体を休めるという名目で、代表に参加しないことになりました。(また、2月のときのようにリオ・デ・ジャネイロにでも帰るんじゃないの?(笑))

     やれ太りすぎだの、やれ離婚しただのと叩かれまくりのホナウドですが、それでも現在W杯南米予選で得点ランキング首位の9ゴール。ホナウドはホナウドです。7日にはエル・モニュメンタルでアルゼンチン戦が控えているのに、ほんとに欠場でいいの?パヘイラさま。
    | Cartao Amarelo | 南米 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(1) | - |









    http://blog.cartaoamarelo.com/trackback/10436
    (特報)ロナウドは、ブラジル代表からはずされた
    ロナウドが、ワールドカップの南米予選は出るが、コンフェデレーション杯の方は休ませ
    | ブラジル・サンパウロから世界へ、そして渋谷 | 2005/06/02 1:57 PM |