Becks is best..
0
     私が一時期イングランドのマンチェスターで暮らしていた頃のことです。EURO2000予選で、ウェンブリーで快勝したイングランド代表を報じた地元英国紙の1面を飾った言葉でした。ベッカムの顔も一面にドカーンと載っていたのは今でも覚えてます。

     所属先のマンチェスター・ユナイテッドでトレブル(プレミアリーグ、FAカップ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠)を達成した直後の時期だったのもあり、やはりバリバリにキレてました。あの頃のベッカムは。


     ところで、うちのホームページと相互リンクをさせていただいている某サイト管理人さまの粋なはからいで、先のリーガ・エスパニョーラのクラシコを見る機会に恵まれました♪ レアル・マドリー×バルサです。
     BSを受信してない私にとっては、実に久々のエスパニョーラだったわけですが、5月2日に30歳になる予定のベッカムの右足はいまだ健在でしたね。

     ベッカムのクロスは世界最高だと思ってます。ベッカムがクロスをあげた瞬間、「決定機になる!」とわくわくしながら見れます。ベッカムがクロスをあげるだけで、きわどいチャンスを何度でも作り出せるわけです。意見はいろいろございますが、ベッカムに優るクロスなど、私は過去に見たことがありません。ベッカム以上のクロスをあげる選手がいるなら、どなたか教えてほしいぐらいです〜。
     先のクラシコもよかったですねー、クロスが。ひと昔前にテレビで「♪野茂が投〜げればダイジョーブ♪」という唄付きのCMがありましたが、「♪ベッカムが蹴ればダイジョーブ♪」と断言できるぐらい、ベッカムのクロスは質が高いわけです。

     最近マンUは調子が上向きじゃないっすよね。選手が揃ってても結果がついてこない…。これはたぶんゴール前で決定機を作る回数そのものが激減してるからだと、私は思ってます。クリスチャーノ・ロナウドも決して悪い選手ではないんですが、プレミアやチャンピオンズリーグでマンUが結果を残せなくなったのは、ベッカムがいなくなったからだと確信しています。

     早い話、マンUが数年前までのような強さを取り戻すには、ベッカムを取り戻すしかないでしょう。

     それと、補足ですが、ベッカムは右サイドに張っているぐらいのポジションが最良ですね♪ 中央でボランチみたいなことやってても、ベッカムの良さが半減するだけですしね。
    | Cartao Amarelo | 欧州 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |









    http://blog.cartaoamarelo.com/trackback/10416