ボカの選手は池袋泊?
0
     このブログはもとより、本家サイトすら更新が後手後手になっていまして、楽しみにして下さっている方々には申し訳なく思う「南米サッカーサイトの管理人」です。

     現在、クラブワールドカップが開催中ですね。05年に昨年と2年連続でサンパウロ&インテルナシオナウの試合を生観戦した私は、今年は金欠&多忙によりどうやら1試合も見れそうにありません。(泣)

     ところで本日…、自宅を出て歩いていると、池袋サンシャインシティのバスターミナルに外観をボカ一色に彩られた装飾観光バスが停車しておりました。
     クラブワールドカップの観戦ツアー用なのかと思いましたが、それにしては全体が紫で、ボカのエンブレムも大きく表示されていたので、ちょっと疑問に思ったのですが…
    私が見たバスは、もしかしてボカの選手たちの乗る専用バスなのでしょうか? そしてボカの選手たちは池袋で宿泊してるのかな??

    どなたか、ボカの選手の宿泊先についてご存知でしたら是非是非教えて下さい☆
    | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 23:53 | - | - | - |
    アルゼンチンリーグのミニ情報★
    0
      普段は主にサイトのほうで更新しております「アルゼンチン1部リーグ」の情報ですが、
      管理人サイドの都合により、今回はブログにて発信させていただきます。

      ▼アルゼンチン1部リーグ 第13節 結果(2006年10月29日)

      ボカ 2-1 アルヘンティノス
       FWボセーリのゴールなどでボカの順当勝ち。
      ヒムナシア・ラ・プラータ 2-1 ゴドイ・クルス
       MFルーカス・ランダの2点でヒムナシアが接戦を制す。
      コロン 0-0 キルメス
       両者ともに詰めが甘く決定力不足を露呈。
      インデペンディエンテ 0-0 リーベル
       リーベルは14本のシュートを放つもゴールが遠く。
      ベルグラーノ 0-1 アルセナル
       FWオボーロの先制点を守り抜いたアルセナルの辛勝。
      ロサーリオ 4-1 ニューウェルス
       FWワンチョペやMFキリ・ゴンサーレスのゴールなどでロサーリオが大勝。
      サン・ロレンソ 2-2 ベレス
       前半にマウロ・サラーテの2ゴールで主導権を握りながらも89分から2失点を献上。ベレスにとって痛い引き分け。
      エストゥディアンテス 2-1 ヌエーバ・チカーゴ
       エストゥディアンテスはMFブラーニャが退場し、後半ロスタイムのPKをFWパボーネがはずすなど精彩を欠いたもののかろうじて勝利。
      ヒムナシア・デ・フフイ 2-0 ラヌース
       FWバルボリンの2点でフフイが快勝。

      ※(中断で後日に延期)
      バンフィエール 0-0 ラシン

      この結果、前節首位に立ったリーベルが首位陥落。代わってボカが首位に返り咲いたが、エストゥディアンテスとリーベルが勝ち点28で並び前期リーグはますます大混戦に。
      得点王は、9ゴールでFWマウロ・サラーテ ( ベレス ) 。
      | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      アルゼンチン、W杯敗退…
      0
         アルゼンチンが負けました。開催国ドイツ相手で完全にアウェイムードむんむんの中で試合をしなければならなかった点を差し引いても、GKアボンダンシエーリの負傷などがあって交代枠を有効に使い切れなかった感がありましたね。
         ですが、この試合で調子の良かったスタメンをいじってきたペッケルマンの采配にちょっと疑問でした。テベスやコロッチーニ、ルチョが悪いわけじゃないですけど、サビオラ、スカローニ、カンビアッソはメキシコ戦で良い働きをしてましたからね。
         それから、これは個人的な主観に過ぎないのですが、今大会を通じてアルゼンチンには「デミチェリスがいればなぁ、、」とか「サネッティが出ていれば…」と思わざるを得ない場面がところどころ見受けられたと思います。
         アルゼンチン、この敗退を受け入れられそうにないですね。う〜ん…。
        | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        サネッティの代表落ちに反響の多いアルゼンチン
        0
          アルゼンチンでこんなアンケートがありましたのでご紹介します。

          Q1.ドイツに行ってほしかった選手は?
          MFハビエル・サネッティ  26.2 % (839票)
          FWセルヒオ・アグエロ  24.2 % (777票)
          GKヘルマン・ルクス   22.1 % (709票)
          DFウーゴ・イバーラ   13.8 % (442票)
          MFマルティン・デミチェリス  9.7 % (311票)

          その他   4.0 % (127票)

          Q2.選ばれた23人中あまり活躍が期待できない選手は? 
          DFレアンドロ・クフレ  28.5 % (777票)
          GKオスカル・ウスターリ  17.2 % (470票)
          FWフリオ・クルス  17.0 % (464票)
          GKレオナルド・フランコ  14.4 % (393票)
          MFルイス・ゴンサーレス  11.4 % (311票)

          その他  11.4 % (310票)

          この集計結果は、いずれも 2006年5月18日現在のものです。
          メンバー発表から72時間あまりで、この状況です。

          やはり、サネッティの落選にはかなりの反響があるようですね。
          ちなみに、メンバー発表から24時間後の時点では、Q1のトップは 17歳のFWアグエロちゃんでした。サネッティ票がじわじわ伸びて、追い抜きました。

          ちなみに、自分は代表入り確実と思いこみ落選して失望したデミチェリスですけど、サネッティを筆頭に落選した主力の個性が強すぎたのか、このアンケートではあまり票が伸びていません。(ちなみに、私はデミチェリスに1票入れました。)

          ベロン、サムエル、プラセンテ、ダレッサンドロなどなど選ばれなかった名手は数多くいますよね。(層の厚い国なので当然ですけれども)
          アルゼンチン代表への皆様のご意見やご感想はいかがでしょうか?

          http://www.cartaoamarelo.com/
          | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ボカ×リーベルは中国でも生放送
          0
             この日曜日(日本時間では月曜日)にブエノスアイレスで行われましたアルゼンチン1部リーグの ボカ×リーベル (エル・スーペルクラシコ)ですが、隣国の中国でもテレビで生放送があったそうです。ちなみに、エル・スーペルクラシコが中国で生放送されたのは今回が初めてのようです。

             ワールドカップもある今年は、優勝候補の一角アルゼンチンの国内最高峰の戦いに対する注目度もひときわ高かったようですね。なんでも、中国ではテレビ放送に加えてラジオ放送もあったそうです。2002年のワールドカップでも国別視聴者数でダントツだった中国。出来る限り数多くの人に見てもらおうと思ったのですかね? アルヘン側は。
             また、イスラエルでもラジオで生放送があったそうです。イスラエルのラジオ放送では、ヘブライ語とスペイン語の二カ国語放送で、スーペルクラシコを堪能できる体制をとったようです。

             もちろん、サッカーが根づいている国でのエル・スーペルクラシコの生放送は当たり前。コロンビア、チリ、ウルグアイ、ブラジル、USA、メキシコ、スペイン、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、イタリア、スウェーデン、ノルウェーなどなど、世界各国で生放送されたそうでございますわ。
             以上、メキシコESPN の調査で明らかになった情報でした。


             あれ?? そういえば日本は…?!
             中国でも生放送があったのに、世界クラブ選手権のホスト国がどこの放送局でもエル・スーペルクラシコを生でお届けしていないとは…。やはりまだまだ日本にはサッカーが根づいているとは言い切れないかもしれませんね。どこもかしこも欧州サッカー至上主義。南米には見向きもくれず。です。
             そんな中でも南米に肩入れしてくれている J SPORTS さん、G+さんですら、残念ながら生放送は実現しませんでした。日本のメディアは、とかく欧州至上主義が蔓延してますね〜。

             エル・スーペルクラシコを生放送するぐらいの姿勢は、日本のマスメディアにももっていただきたいものでございますね。中国でさえ生放送されたボカとリーベルの直接対決を生放送しないようでは、日本もまだまだだなぁと思ったのでした。失礼。o(_ _)o

            http://www.cartaoamarelo.com/
            | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            ヴェルディみたい? 元アルゼンチン代表の揃ったラシン
            0
              きました、きました♪ キタ――(゚∀゚)――!!!!!

              アルゼンチンの国内1部リーグでは、ラシンの監督に元アルゼンチン代表のMFシメオネが就任することが内定したわけですが、そのシメオネ率いる新体制のコーチ陣に、MFアルメイダ、DFビバスと元アルヘン代表の選手たちの入閣まで決まりましたね。

              いやー、1990年代後半にセリエAを見ていた方々にとってはたまりませんね♪
              シメオネはラツィオで、アルメイダはパルマで、それぞれ素晴らしい働きをしていたことを、昨日のことのように思い出します。
              (余談ですが、わたくしめはパルマ時代のアルメイダが大好きでした (^^) )

              そういえば、ヴェルディも今年から監督にラモスが就任し、コーチ陣に高木やら都並やら、かつてのヴェルディ黄金期を支えた選手たちが揃いましたよね。
              まぁ…ヴェルディとラシンは似たり寄ったりなのか?と思ったり、思わなかったり…

              とりあえず、FWワシントン ( 元アトレチコ・パラナエンセ ) のいなくなったヴェルディはともかくとして
              ラシンはこれから熱いですね。注目ですね♪
              | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 02:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              リーベルに不協和音?
              0
                 はてさて、シーズンオフにルチョ、マスケ、サラス、アメーリら主力を次々に放出したリーベルですが、このたびアストラーダ監督が解任されました。

                 アストラーダ監督は、昨年のセンターバックコンビのアメーリ&トゥッシオを「いらない」とバッサリ切った張本人なのですが、シーズンが始まると、そこをつけこまれて失点したり。結局、アストラーダが辞めさせられましたねー。
                 …となると、アストラーダが変えた今季のリーベルは、本人の更迭でどうなっちゃうんでしょ? う〜ん、先は明るくなさそうな f(^^;
                | Cartao Amarelo | アルゼンチン | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |