ブラジル・ポルトガル語の頭文字“R”
0


    かつてバルセロナで活躍した元ブラジル代表のリバウドは、40歳の今も現役です。先のコリンチャンス戦でもゴールを決めてました。

    リバウドのゴールなどで逆転したサン・カエターノ 勝利を逃す
    サンパウロ州選手権 第7節 コリンチャンス 2-2 サン・カエターノ



    2002年の日韓ワールドカップでもセレソンの一員として来日しているリバウドですが、個人的にはセレソンでのプレイよりもバルセロナ時代のほうが印象に残っています。

    ルイ・ファン・ハールが監督だった頃のバルセロナではオランダ代表の選手ばかりで埋め尽くされていたのに、ブラジル人のリバウドだけは攻撃の中核となって輝いていたのを記憶しています。
    ブラジル人のソニー・アンデルソン、ジオバンニとで形成したトライアングルが今では懐かしいです。

    そのリバウドは「Rivaldo」という表記。ブラジル・ポルトガル語の頭文字“R”は日本語でいうところのハ行発音を成すので、「ヒバウド」が望ましいのかと思っておりました。が、先のサンパウロ州選手権(対コリンチャンス戦)での実況アナウンサーは「リバウド」と発音していたんですよね。解説は「ヒバウド」と言っておりましたが。

    ブラジル・ポルトガル語の頭文字“R”については、ブラジルの大半でハ行発音です。しかし、ウルグアイやアルゼンチンに近い南部に行けば行くほど「ラ行発音」に近づきます。

    実況アナウンサーがガウーショ出身かどうかは知りませんが、頭文字“R”については悩まされる日々です。

    余談ですが、元日本代表のラモス瑠偉さんは、ブラジルの伝統的な料理シュラスコ(churrasco)を「シュハスコ」と発音されていました。rr と r が連続してもハ行発音となるからですが。そんなラモス瑠偉さんのお名前は Rui Ramos なので厳密には「フイ・ハモス」となるのですが…。

    JUGEMテーマ:スポーツ
    | Cartao Amarelo | ブラジル | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    本田に似てきたニウマール
    0
      先の日曜日のサンパウロ州選手権「ブラガンチーノ×サントス」でのワンシーン。

      サントスのネイマールがドリブルで仕掛けているところですが…

      20130127neymar

      (右側がネイマールですよ)

      一瞬、日本代表の本田圭佑に似てるんじゃないかと思ってしまいました。


      JUGEMテーマ:スポーツ
       


      | Cartao Amarelo | ブラジル | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      やっぱりおもしろいブラジルサッカー
      0
        こんばんは。本日の更新です。

        ●ネイマール劇場“開演” サントスが敵地で快勝
        サンパウロ州選手権 第1節 サン・ベルナルド 1-3 サントス
        http://www.cartaoamarelo.com/contents/news/20130120_01_01_02.shtml

        ネイマールが2ゴールの活躍でした。
        とりわけ先制ゴールは巧かったと思いましたね。フェイントの仕掛け方に、シュートのタイミング、コースともに秀逸なスーパーゴールでした。ネイマールはほんとに巧いです。


        ●ルイス・ファビアーノのボレーで先制したサンパウロが白星発進
        サンパウロ州選手権 第1節 サンパウロ 2-0 ミラゾーウ
        http://www.cartaoamarelo.com/contents/news/20130120_01_01_01.shtml

        以前スペインなどでプレイしていたルイス・ファビアーノについては、ブラジルの水が一番合っていると思いますね。ブラジルでプレイしているときは、欧州のそれとは比較にならないくらい生き生きしてるんで。

        やっぱりブラジルサッカーはおもしろいです。
        | Cartao Amarelo | ブラジル | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        ネイマールのサントス愛
        0
          こんばんは。サイトを更新しました。

          ●エドゥアルド・バルガス、12月中旬までの期限付きでグレーミオへ移籍
          http://www.cartaoamarelo.com/contents/news/20130118_21_02_01.shtml

          アーセナルやサンパウロも欲しがっていたチリ代表のバルガスの獲得に成功したのはグレーミオでしたね。
          グレーミオはミッドウィークの時点で獲得を示唆する発表をしていたので、自信があったのでしょう。
          まぁ個人的にはイタリアのような狭苦しい空気にイライラしているよりは、ポルト・アレグレでプレイした方が本人のためにもいいと思いますね。

          バルガスがグレーミオでどんなプレイをするのか、注目です。


          ●サントス市内でスピーチを行ったネイマール、契約満了までサントスに残ることを明言
          http://www.cartaoamarelo.com/contents/news/20130118_01_02_01.shtml

          ネイマールは心からサントスが好きなんだなとつくづく思います。
          これだけの選手なのでいずれは欧州に行くでしょうけどね。
          もちろん、ワールドカップが来年ブラジルで開催されるという点も影響しているとは思いますが。

          JUGEMテーマ:スポーツ


          | Cartao Amarelo | ブラジル | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          バスコ・ダ・ガマのスーパーフリーキッカー
          0
             リヨン ( フランス ) の顔でもあるMFジュニーニョ・ペルナンブカーノ ( 元ブラジル代表 ) はお馴染みだと思いますが、彼はブラジル時代にはバスコ・ダ・ガマでプレイしておりました。バスコ在籍時にはリベルタドーレスも制してトヨタカップに来てましたね。ジュニーニョ。

             バスコ・ダ・ガマはジュニーニョ・ペルナンブカーノの欧州移籍以後、近年は調子を落としておりました。ですが、今季はリベルタドーレス出場権の得られる4位以内を十分狙える位置におり、好調です☆ (奇しくもホマーリオとエジウソンの2人が退団してから強くなったのが趣深いところですけれども…f(^_^;))

             さて、そんな今のバスコで主力として活躍している選手の中に、まさにジュニーニョのような選手がいます。ボランチを務めるアンドラージという選手です。
             この選手は利き足が右ですが、インステップでボールを確実にミートし、右足の力をボールにそのまま乗せ、そして鋭い弾道を描いてゴールネットへ。。ジュニーニョ・ペルナンブカーノのキックとかなり似ているんですね。アンドラージの右は。
             おかげでちょっと遠めの位置からでもフリーキックでゴールを狙いにいけますし、現に今季何度か"ゴラッソー"なゴールを決めてますから、バスコにとって必要不可欠な戦力であることは間違いございません。バスカーノ(バスコのサポーター)の中には「アンドラージはジュニーニョ・ペルナンブカーノの再来だ」とまで断言する人もいるそうです。

             近いうちに化けるかもしれませんし、欧州で活躍してもおかしくない選手だと思いますので、もしバスコ・ダ・ガマの試合を見る機会がありましたら、そのときはアンドラージに注目してみてくださいね♪

            http://www.cartaoamarelo.com/news/200609/06b25corin.html
            | Cartao Amarelo | ブラジル | 14:31 | - | - | - |
            ペレが応援・支持した国は優勝できないというジンクス
            0
               ペレのジンクスは今年も健在でした。1958、1962、1970年と3度もワールドカップで優勝した王様ペレは、過去に行われたW杯で何度もワールドカップ優勝国予想をして、見事にすべてはずしているのです。
               1982年はジーコ、トニーニョ・セレーゾら"黄金のカルテット"を擁したブラジルを一押ししてハズレ。1990年にはマラドーナ擁するアルゼンチンの優勝を予想しましたが、これもハズレ。そして2002年、ペレはフランスの優勝を予想したわけですが、これも見事にハズしています。

               今回のドイツ大会での開幕前、ペレは「ドイツ大会での優勝はブラジル、イングランド、イタリアのどれかだ」と言っていました。そして4強が決まった現在、ブラジルとイングランドの敗退が決まっています。イタリアは勝ち残っていますけど、ペレのジンクスが今年も健在ならイタリアは優勝できない、ということになりますが…。さて、どうなるのでしょうか?

              http://www.cartaoamarelo.com/
              | Cartao Amarelo | ブラジル | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              カカーはブラジル人っぽくない?
              0
                 アルゼンチンの新聞 La Nacion が、ワールドカップのブラジル×クロアチア戦を解説する記事を載せたのですが、そこに興味深い記事がありました。

                 同紙によりますと、カカーはブラジル人っぽくない といった主旨の内容がありました。
                「カカーはブラジル人だが、ホナウジーニョ・ガウーショやホビーニョ、アドリアーノらとは違った異質な選手である。彼は、ブラジル人にしては珍しくサンバが踊れないし、カーニバルにも遊びにいかない。他のブラジル人選手とは違って夜遊びも好きじゃない。趣味が読書である点などもセレソンの一員らしくない。そして、彼は個人主義ではなく、協調性を大切にする人物だ。初戦のクロアチア戦でゴールを決めた唯一の選手がカカーだったことは、皮肉を込めて見ればセレソンがまだブラジルらしさを出し切れておらず、調子も上がっていないととらえて然るべきか」といったものでした。

                 まぁ、先祖がイタリア人ですから、純血のブラジリアンではないのは確かですけどねー。もっとも、グループリーグから全力で勝負をしないことで有名なセレソン。初戦は勝てたらそれでよかったのかもしれませんね。現に2戦目のオーストラリアではアドリアーノとフレッジがゴールを決めましたし。3戦目の日本戦ではホナウドが復調気配でしたしね。セレソンはこれから調子を上げるのでしょう。それまでは"ブラジル人っぽくない"カカーに支えてもらっていればいいと思います。

                 さて、ガーナ戦はどうなるでしょうか?
                | Cartao Amarelo | ブラジル | 14:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                ブラジルでサッカー選手を目指す子どもたち
                0
                  日付では一昨日のことになるのですが。

                  水曜日、渋谷で「GINGA」という映画を見てきました。

                  以前(昨年秋頃?)、私のサイトのBBSに
                  GINGA のスタッフ様が
                  先行上映の告知を書き込んでくださってたのですが
                  そのときは見に行けなかったので、一昨日行ってきました。

                  内容は、
                  ブラジルの子どもたちが目指す夢「サッカー選手」についてで、
                  サッカー選手を目指す10人の子どもたちの姿を追ったものでした。
                  上手いのに背が小さいからというだけで入団テストに落とされた子どもや、
                  交通事故で片足を失った青年が、パラリンピックでサッカーを続けるとか。

                  ブラジルの現実がうまく描写されていて、なかなか面白い映画でした。
                  FWホビーニョ ( レアル・マドリー ) の幼少時のプレイの映像も見れました。
                  これは、ドキュメンタリーですかね?おそらく。

                  今のところ日本国内では渋谷でしか見られないそうですが、
                  順次全国展開されるそうなので、今後は
                  大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌など各地でも見られるのかもしれません。

                  万人受けする映画じゃないかもしれませんけど、
                  ブラジルサッカー好きの方にはとくにオススメです♪
                  サッカー好きでなくとも、地球の裏側の国の社会や現実が把握できるので
                  興味深い映画だとは思います。

                  http://www.ginga-cinema.jp/
                  | Cartao Amarelo | ブラジル | 00:56 | comments(0) | trackbacks(1) | - |
                  ルシェンブルゴは「監督のペレ」
                  0
                    サンパウロ州選手権で首位サントスと2位サンパウロの直接対決があり、サンパウロが勝って両者の勝ち点差が1になったため、サントスの優勝はひとまずお預けになりましたね。
                    サントスは引き分け以上で優勝できたのですが、ホドリーゴ・タバタらをスタメンから外して負けるとは…。

                    ただ、サントスの優勝の可能性はまだまだ高いかな?と思っているのが個人的な感想です。
                    最終節となる次節の相手がブラガンチーノで、しかもホームのビラ・ベウミーロで戦えますしね。
                    無事優勝して結果オーライとなれば、サントスのサポーターもサンパウロ戦の負けを許してくれるでしょうね。

                    さてさて、先週 J SPORTS で倉敷保雄さん司会の foot を見てたのですが、昨年末低迷したサントスを今年の州選手権で復活させたルシェンブルゴへの評価が、ブラジル国内では大変高いようで。
                    アデマール・ペレイラ・マリーニョさんが「ペレが『ルシェンブルゴは"監督のペレ"』と言った」というのを聞きました。
                    これは、すごい例えようですねぇ〜。
                    確かにルシェンブルゴは結果を残せる監督で(レアルやセレソンのときは例外ですが)ことブラジル国内のクラブチームでは、天才ぶりを発揮しています。
                    でも…ちょっとペレは褒めすぎじゃないかと思ったのでした。
                    | Cartao Amarelo | ブラジル | 00:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                    ブラジルで最もうるさい監督にエメルソン・レオン
                    0
                       ブラジルの有名スポーツ雑誌「プラカー」で、興味深いアンケートが掲載されておりました。うるさい監督ランキング というものでした。1位は、かつて清水エスパルスやヴィッセル神戸でも指揮を執ったことのある、元ブラジル代表監督のエメルソン・レオンでした。

                       「プラカー」といえば、1989年のサンパウロ州選手権「サントス×パウメイラス」戦で1ゴール1アシストと活躍したカズがその表紙を飾ったこともある有名雑誌です。

                       今回のうるさい監督ランキングでは、1位のエメルソン・レオンが17ポイントでトップ。2位以下には、セウソ・ホッシ、レビル・クウピ、バンデルレイ・ルシェンブルゴと蒼々たる名前が揃っていたようです。
                       補足までに、このランキングはブラジルのクラブチームに所属する現役選手からアンケートをとったそうで、対象となった監督もブラジル人に限られていたそうです。ですので、ブラジルでのお話です。そりゃ〜国外も対象に入れれば、ダニエル・パサレラ、ファビオ・カペッロ、サー・アレックス・ファーガソンと名前が挙がってキリがないですもんね ( 汗

                       ちなみに、このアンケートは匿名で調査されたのに、パウメイラスのある選手がエメルソン・レオンに1票投じていたことが(なぜか)バレてしまったそうです。
                       (その選手が誰なのかはわかりませんが)当然、この選手はエメルソン・レオンの大目玉を食ったそうな…かわいそーに。( ´д`;)

                      「うるさい監督ランキング@ブラジル」 by プラカー
                      1位 17p エメルソン・レオン (パウメイラス)
                      2位  5p セウソ・ホッシ (元ボタフォゴ)
                      3位  3p レビル・クウピ (現在無所属)
                      4位  2p バンデルレイ・ルシェンブルゴ (サントス)


                      写真: 左から エメルソン・レオン、セウソ・ホッシ、レビル・クウピ、バンデルレイ・ルシェンブルゴ



                      http://www.cartaoamarelo.com/
                      | Cartao Amarelo | ブラジル | 13:30 | comments(2) | trackbacks(2) | - |